The PEOPLEどんな人と働きたい?

仲間とともに、
クライアントと共に
成長していく

鈴木 淳史SUZUKI JUNSHI

青山学院大学経済学部経済学科卒
2012年 入社

もっとクライアント様に寄り添った仕事がしたい

私が以前勤めていた会計事務所は「The会計事務所」という固い雰囲気で、業務内容に関しても記帳代行屋という色が強い事務所でした。もっとクライアント様に寄り添った業務に携わりたいと思い転職活動を行っていたところ、偶然目に入ったのがHOPのホームページでした。所長が元キックボクシングの選手で、当時はK-1のレフリーをしている等、面白そうな事務所だなと興味を持ちました。また、業務内容も記帳代行業務を超えた経営相談に力を入れているということでHOPに入れば成長できそうだと考えました。スタッフの年齢も比較的私と同じくらいの人が多く、楽しく仕事ができそうと思ったことから入社を決めました。

枠にとらわれずに、お客様の想いに応える

当社の魅力は、セミナーやお客様の経営発表会の企画など、お客様のためなら希望すれば何でもすることができる点。これは他の会計事務所にはできないことだと思います。また、新しいことに挑戦するときは経験豊富な先輩がサポートしてくれるので、安心して挑戦することができます。 私自身は現在、10数社のお客様を担当しています。業務内容は、記帳代行や決算書の作成、顧問先月次訪問、また、経営会議などにも参加しています。

お客様の悩みを事務所内で共有し、改善する

仕事をするうえで大切にしていることは、職場の雰囲気。HOPの雰囲気は、スタッフの年齢が近いこともあり風通しがよく、割と何でも話すことができる環境です。休日もみんなでランニングをして体を動かしたりすることもあり、公私ともに仲が良いです。仕事でいい結果を出せれば、事務所のスタッフみんなで喜びを共有し、逆に上手くいかないことがあれば、親身になって相談に乗ってくれる。お客様の悩みを事務所内で共有し、提案を考えます。状況を改善でき、お客様から感謝のお言葉をいただく時は、とてもやりがいを感じます。

仕事から学んだことを生かして起業したい

最も心に残っているのは税務調査で「是認(修正事項なし)」を勝ち取れたときのこと。特殊なスキームを組んでいたため、税務署への説明資料を作成する上で苦労しましたが、その甲斐あってスムーズに終えることができました。税務調査は税理士としての実力が一番試される場だと思います。しっかりとした準備で、是認を勝ち取れたことで、クライアント様から信頼を受けられたときは嬉しかったです。
今後は、多くのクライアント様とのやり取りの中で税理士として成長しながら、いずれは仕事から学んだことを生かして起業をしてみたいです。

1日のスケジュール

06:40

起床。

07:40

身だしなみを整え、準備を終えて出発する。

08:20

出社。PCを立ち上げてメールチェック。前日に立てた訪問予定先の見直し。

08:55

朝ミーティング。ミーティングガーデンで、各回ごとに決めたテーマを1分間で発表。人前で話すいい練習になります。その他連絡事項や前日の活動を共有します。

09:00

経理資料のレビュー&資料作成を行います。

12:00

楽しみにしている昼食。毎週金曜日は社員みんなで外にランチに行きます。コミュニケーションの場としてとても有意義な時間です。

13:00

お客様のところへ月次訪問し、会社の問題点などを共有し、改善策を社長とともに考えます。

17:30

事務所に戻り、お客様との打合せの内容をまとめ、宿題の回答をします。

18:00

退社。

18:40

税理士受験の専門学校に行き、勉強をします。

22:30

帰宅。お風呂に入り、一日の疲れを癒します。

24:00

就寝。

ページTOP