The PEOPLEどんな人と働きたい?

"中小企業経営者の支援"
自分が本当に
やりたいことがしたい

栗原 真平 KURIHARA SHIMPEI

日本大学大学院法学研究科修了
2013年 入社

中小企業経営者をサポートしたい

社会人になる頃から中小企業経営の経営財務サポートに携わりたいと考えていました。HOPには中途で入社しましたが、前職では、上場会社の子会社、規模の大きな中小企業、不動産SPCの会計税務などが中心となり、経営の話よりも正確な数字を出すことを求められてきました。そうした中で税理士資格を取り、税理士として本当に行いたいことは何かと自問。やはり、中小企業経営者のサポートを通して、社会に貢献することだと考え、転職活動を開始しました。HOPとの出会いは「中小企業のかかりつけ医」というフレーズを目にしたこと。「ここでなら自分の本当にやりたいことができる!」と思い入社を決めました。

自分で調べて、どんどん行動につなげていける

HOPではお客様のために、迅速に、自由に行動することができます。事務所内部の確認や承認を待っていては対応が遅くなります。自分で調べて問題がなければ、どんどん行動につなげていける。それが当社のメリットです。 私自身は現在、お客様への訪問監査による経営財務相談や相続対策、医療法人化対策に携わっています。また、税務相談会への参加、税理士会支部活動も行っています。

約束したことを守り一つひとつの作業を着実にこなしていく

仕事をしていく上で大切にしているのは約束したことを守ること。そして、一つひとつの作業を着実にこなしていくこと。そうした積み重ねがお客様との信頼残高を少しずつ高めていくのだと思います。
この仕事のやりがいは何と言っても、相談者の悩み事を解決することにより、相談に来られた方が笑顔になるお手伝いができること。自分の働きがお客様のお役に立っていることを実感できる。その喜びがまた、次の仕事へのモチベーションを高めてくれます。

数年前、滞納しているお客様と一緒に税務署に行き、今後の滞納計画等についての話し合いを行ったことがありました。話し合いが終了して税務署から出る際に、お客様が「ありがとうございました」と深々とお辞儀をされました。お客様のお役に立てたのだということを実感した瞬間でした。

本気で経営をしていきたいという方と密に仕事をしていきたい

今後は本気で経営をしていきたいという方と密に仕事をしていきたいと考えています。入力などの作業は、スタッフに行ってもらい、自分は考える仕事に集中する。そうすることでお客様に最適なアドバイスを行っていきたいと思います。

1日のスケジュール

06:00

起床。

07:15

身だしなみを整え、準備を終えて出発する。(電車内で新聞雑誌の確認)

08:30

出社。PCを立ち上げてメールチェック。

08:55

朝ミーティング。ミーティングガーデンで連絡事項や報告。

09:00

月次作業を集中的に処理する。午前中は頭がすっきりしているので、前日検討したことを別の視点から再検討。

12:00

昼食。同僚と近場の定食屋でランチ。(スタッフとミーティングを兼ねたランチをすることも)

13:00

お客様のところに訪問して、経営者と話をします。戻ってきてから、訪問時の宿題や月次チェックを行います。

19:00

お客様との会食、外部研修、異業種交流会などに参加。23時ごろ帰宅します。(帰りの電車ではビジネス書などを読みます)

24:00

1時間ほどくつろいだ後に、就寝。

ページTOP