The PEOPLEどんな人と働きたい?

個の力と仲間との
知の共有で
経営を支援する

星川 望HOSHIKAWA NOZOMU

慶應義塾大学法学部法律学科、
同大学院法学研究科修士課程修了
2006年 入社

租税法律家として納税者を守りたい

大学で法律を学び、税務調査で負けない、理論武装をした税理士として納税者を守りたいというビジョンを持っていました。租税法律家として活躍する税理士像をイメージしながら就職活動を行っていた折、出会ったのが代表の小川。小川は当時、名古屋航空機リース事件という有名な税務訴訟の補佐人として活躍していました。納税者が勝訴するという大きな出来事を通して、税理士が税法を知ることの強さを身近に実感することができました。また小川のリーダーシップに触れる機会もあり、この人と「一緒に働いてみたい」と自分の働くイメージが描けたことで、HOPへの入社を決めました。

クライアントを助ける、経営を伸ばす手伝いをするということに制約はない

HOPでは、原則として税理士がクライアントを訪問します。そこには、クライアントからの篤い信頼があります。クライアントを助ける、経営を伸ばす手伝いをするということに制約はありません。サービスの型というものはなく、自身の創意工夫で、クライアントが求めるサービス、クライアントに活かしてもらえるサービスを造り、提供することができる。それが当社ならではの魅力です。だからこそ、様々な業種の経営者の経営参謀になれる。そこには単なる数字づくり、納税義務の履行を超えた楽しさがあります。また、税金の話はもちろん、社会保険や労働法、さらには会社法、民法など、中小企業が直面する様々な問題について社内で気軽に相談できるため、クライアントを多角的に支援できる点も他にはない当社の強みだと思います。

経営者と同じ目線で世の中を見る

現在の仕事は、税理士法人の経営から法人、個人事業主の税務、会計顧問担当(国際税務を含む)、経営コンサルティング、営業活動、各種講演まで多岐にわたっています。仕事をしていく上で大切にしているのはクライアントの話を、前のめりになって聴くこと。「期待を超える」ことを意識します。自分はただの事務作業屋ではありません。経営に関する相談を受ける姿勢でクライアントに接します。また複雑化する現代の取引について、税法の答えは法令の条文にあるという信条から、税法の正しい解釈をもって、答えを導きます。法的な思考が自分の強みであることを確認する瞬間でもあります。
この仕事の醍醐味はやはり、経営者と同じ目線で世の中を見られること。自分はアントレプレナー(企業家)ではないかもしれませんが、様々な業種の経営者と頭を突き合わせてビジネスを考えることで、経営者と同じ目線で日々を過ごすことができます。クライアントのビジネスがうまく行った時の喜びは自分のことのように嬉しいです。

中小企業を支援する役割、その楽しさと大切さを後進に伝えていきたい

2代目の開業医(内科、外科)の新診療所の開院をお手伝いしたことがありました。物件の選定のタイミングから携わり、診療所の内覧会の企画までお手伝いする中で、HOPのクライアントなどを繋ぎ、HP制作や折り込み広告、内覧会の運営など、会計事務所がハブになってクライアント同士を結ぶ動きができました。「医者に行くことは恥ずかしいこと、診療所は奥まったところになければならない」「風邪かどうかは医者が決める」といった先代の先生の考え方と現代の考え方と間で苦労される2代目の先生のスタートを支援できました。会計事務所がハブになって、クライアント同士のビジネスを繋げる、この役割も当社の重要なミッションです。
将来は、税務と経営の視点から、中小企業を支援する役割、その楽しさと大切さを大学等で後進に伝えたいと考えています。

1日のスケジュール

06:00

起床。

07:00

子供を保育園に送り届けてから出社。通勤中に、新聞に目を通したり、ブログの記事を下書きしたりします。

08:30

一日の予定の確認。夜中から朝までに届いたメールに返答。サポートスタッフさんへの依頼業務を整理。

08:55

朝礼。「笑顔が絶えない職場を実現します!」経営基本方針の唱和で、姿勢を正します。社内の連絡事項を共有。

09: 00

午前は、内勤。月次入力作業やクライアントのとのミーティング資料を作成。

12:00

同僚との昼食。仕事の話などで意見交換をしたり、アドバイスを受けたり、またプライベートな話で同僚の近況等を知る貴重な時間です。

13:00

クライアント訪問。1時間を目安に面談します。PCを持参し、議事録は話をしながら残していくのが自分のスタイル。課題や宿題等を整理します。

15 :00

クライアント来社。クライアントには、訪問か来社頂くか都合がよい方法でお会いします。

16 :30

クライアントとWebミーティング。IT関係のクライアントとはWeb上のシステムを利用してミーティングを実施することもしばしば。移動時間の短縮になり、忙しいクライアントとのアポイントも容易になるのでいい方法です。

18:00

税務関係の届出、申告業務を行います。

19:00

退社。21時前ごろ帰宅します。(子供の寝かしつけを邪魔しないようにこっそり帰宅します)

ページTOP